建替えとフルリフォーム、どっちがお得?

建物の骨組みと中身を別に考える。

最近は、お家のまるごとリフォームが可能といわれているので、
建替えとフルリフォームどちらにしたらいいのか、
という問合せをうけます。
まずは、建物の骨組みと中身を別にかんがえてみましょう。
業界用語では、スケルトン(構造)とインフィル(内装)という言われ方をします。
スケルトンとは、建物の構造や骨組みのことをいいます。
外装や屋根もスケルトンに含められることがあります。
インフィルとは、内部の間取りや内装の仕上げや住宅設備などのことをいいます。
建替えとは、スケルトンとインフィルを丸ごとかえること。
フルリフォームとは、内部を変えることが主です。
それぞれで考えてみると、少しわかりやすくなります。

今のお家の骨組みは大丈夫ですか?

建替えとフルリフォーム、どちらにしても、インフィルには、両方費用がかかります。
では異なるのは、スケルトン、つまり骨組みの部分ですよね。
そのスケルトンの部分について、いまのお住いが、いまどきの新しい建物、
つまり建替えた建物の性能と比べてどう違うのか、を確認します。
これは、われわれのような住宅調査専門の建築士に依頼いただくとスムーズです。
リフォーム会社では、やるべき工事のための調査に陥りがちなので、
しっかりとした、現況調査の判断がいります。
では、外装と屋根の判断はどうするのか。
実はこの部分は、新築でも10年サイクルで修繕工事が必要です。
150万円の費用が修繕にかかるとすると、そこから10年もつと考えれば、
年間15万円の維持費がかかるということです。今のお住いを確認して、
あと、3年後に修繕すればよいのであれば、7年分の費用負担があるとも見れます。
つまり、この家の屋根、外装の想定費用は、105万円です。
5年修繕しないのであれば、75万円です。この金額を比較に使います。
住まいのドクター

予算の問題であればフルリフォームに軍配。

建替えの場合、
30坪の新築を坪60万円で考えると、1800万円の新築費用、
そして、今の建物の解体費用として、150万円をたして、
約2000万円の建替え費用がかかります。
では、フルリフォーム、
今のスケルトン(骨組み)の部分をいまどきの建物に修繕するのに500万円かかり、
建替えの新築と同じレベルのインフィルに改修するのに800万円かかるのであれば、
1300万円の改修費です。それに、3年後に外壁と屋根の改修を見込む場合、
100万円の費用がかかると想定すれば、合計は、1400万円です。
2000万円の建替えと1400万円のフルリフォームの比較です。
あとは、それぞれの出来栄えの好みでしょうか。
今はリフォームなども5年間、新築と同様の瑕疵保証がつく制度がありますので、
もし改修で何かあった場合という、不透明な不安なしに、比較することができます。
すると、内装の仕上げや住宅設備などが、同じレベルにおいて、
600万円の差があるとやっぱり建替えは高い気がします。
もうちょっとグレードの良い内装やキッチンに、リフォームもできますしね。
ただ、問題は、今のお住いのスケルトンの部分を、
いまどきの建物に改修するための費用の算出方法です。
ここは、しっかりとした住宅診断が必要です。
その部分において、大きく差がでますので、
まずは、今の建物の性能と劣化状況の把握に努めてください。

関連記事

リノベーションイベント・セミナー情報

最近の記事

  1. お知らせ

キャンペーンイベント情報

新着情報

PAGE TOP