中古物件買主様の強い味方~バイヤーズエージェント~


こうべリノベーション不動産では、“バイヤーズエージェント”の考え方に沿ってマイホーム探しのお手伝いをしています。
まだ日本ではあまり知られておらず、当社にお越しになるお客様もほとんどの方がご存知ないのですが、これを知っているのと知らないのでは物件選びの満足度に大きな差が生まれます。
ぜひこの制度を知って、これからの物件選びのご参考にしてください。

【もくじ】
1.バイヤーズエージェントとは?
2.バイヤーズエージェントを立てるメリット
3.買主様の利益を守れるのは買主様専属の“バイヤーズエージェント”だけ
4.まだまだお伝えしたいことがたくさん!続きは独自システム説明会で

バイヤーズエージェントとは?

“バイヤーズエージェント”とは訳すると「買主の代理人」となります。
ただ、国内の民法等の法律用語で使用される「代理人」とは意味が異なります。

買主の立場に立って、不動産購入を一緒に考える
「専属不動産アドバイザー」
と理解してもらった方が分かりやすいでしょうか。

多くの方々にとって、一生に一回の買い物には難しい法律的要素が数多く絡みます。
利益が相反する売主であるプロの不動産業者と交渉することは、一般の方には
非常に難しく、またご希望の条件を押し通すのは困難を極めます!

そ・こ・で!
買主様にとっての【本当の味方になるプロを雇いましょう】ということなのです。

バイヤーズエージェントを立てるメリット

物件を検討している際
・売主あるいは売主の仲介業者が、売主の利益保護を第一に考えているので金額が高すぎるのではないか?
・買主のとって必要な情報はすべて開示されているのだろうか?
・売主あるいは売主の仲介業者が、自分の物件をどうしても売ろうとしているので、
本当は、もうちょっと他にも物件があるのではないか?
・売主側の仲介業者を100%信用しても大丈夫だろうか?
などなど、多くの方は疑問や不安に思うことが沢山出てきます。

実際、不動産上の取引においても開示されている情報は、重要事項説明といって法的に最低限決められているものだけで、
買主様にとって必要な知りたい情報は他にもたくさんあります。

それを、前もって聞けるかどうかなんて、初めて家を買う人にはわかりません。

しかし“バイヤーズエージェント”を利用すれば、買主様は交渉をバイヤーズ・エージェントに任せられ、売主側不動産も本気で交渉しないとよその物件を紹介されてしまうので価格交渉が進みます。

買主様にとってはどの会社が仲介しても3%+6万円(税別、物件価格400万円以上の場合)
の手数料が掛かりますので、完全に買主様に味方の業者の方が安心ですよね。

“バイヤーズ・エージェント”にとっても、どこの物件を紹介しても手数料の3%は変わらないので遠慮無い意見を買主様にご提供することが出来ます。

普通に考えて「売主様は物件を高く売りたい!」ですし
「買主様は物件を安く買いたい!」はずです。

買主様の利益を守れるのは買主様専属の“バイヤーズエージェント”だけ

もともと売主様と買主様の利害は対立する関係にあります。
最近は、売主様の仲介業者と買主様の仲介業者が同一のケースも多く
これでは買主様が良い物件にめぐりあうために動くというよりも
物件の売買が成立することを目的としてどうしても活動しがちです。

マイホームの購入には高額な代金やり取りや住宅ローンの申込・契約等々
初めて不動産購入する方にとっては、大変にリスクの高い契約を短期間の内に
どんどん決めていかなければなりません。

また、中古住宅にかかわるリフォームやリノベーションも含めて考えるならば、より一層複雑になります。
そのためにも、信頼できる“バイヤーズエージェント”をマイホーム探しの強い味方につける
必要があるのです。

まだまだお伝えしたいことがたくさん!続きは独自システム説明会で

お客様とお話していると、「へぇ〜!そんなこと知らなかった!」とびっくりされることがたくさんあります。
新築に比べ、リノベーションではお客様にも幅広い知識が必要になりますが、初めての家づくりでわからないことだらけのお客様がすべてを理解するのはやっぱり難しい。
それを日々感じている当社だからこそ、リノベーションを検討されるお客様には業界の裏事情も含めて包み隠さずお伝えしています。

こんな方はぜひご参加ください

  • 中古住宅を購入してリノベーションをしたい!
  • 安全な建物に住みたい!
  • 安心して任せられる会社を探したい!
  • とことんデザインにこだわりたい!
  • 自己資金が少ないけどリノベーションしたい!
  • アフターフォローの心配をなくしたい!

まずはお気軽に独自システム説明会へご参加いただき、中古住宅やリノベーションに関する不安を解消してください。
きっとお役に立てることがたくさんあります。

独自システム説明会
開催日程を確認

関連記事

PAGE TOP