あなたは何を見ますか??

夢のマイホーム探し。
さて、まずは何からはじめましょうか?
今は、いろいろな手段があります。

・新聞の折り込みチラシ
・郵便ポストに入っているチラシ
・近所の看板
・近所のオープンハウス

ざっと思いついただけでも、次々と出てきます。
色々ありますね。

そして、忘れてはならないのが「インターネット」。
非常に便利ですよね。
もしかしたら今一番の主流なのかもしれません。

サイトは、いろいろあります。
私が知っているだけでも

・SUUMO
・HOME’S
・Yahoo!不動産
・at home
・O-uccino
・Goo不動産
・楽天不動産

そして、大手・地元に限らず、
不動産会社の自社サイトには物件が多数掲載されています。

ただ、
そういえば・・・

「あなたは物件を探していますか?」
それとも
「不動産会社を探しているのですか?」

これはどうやって探すかにつながります。
「物件」or「不動産会社」どちらを探しているのでしょうか??

もちろん、あなたがほしいとおもう「物件」です。
そんな情報ですよね?
売り物件情報を探していますよね??

では、不動産会社はどこでもいいの?

実は、物件を仲介する不動産会社は
あなたの
・情報の取り方
・連絡の仕方
によって勝手に決まってしまいます。

そして、仲介手数料(通常2000万円の物件で、通常66万円+税の大金です。)
をその会社に支払います。

不動産業界をよく知れば、これは常識です。
みなさんは、不動産業界をご存じですか?

なぜこの話をするかというと・・・
気に入った物件を見つけたので、早速不動産会社に連絡をいれ
中古住宅物件を見に行きました。

さて、そこで何を見ますか?
どこをチェックしますか?

綺麗か・汚いか、それはわかります。
実際の間取り、雰囲気もわかります。

でも、その仲介業者さんから
建物についてどんな説明をしてもらえますか?
してもらったでしょうか?

雨漏り 瑕疵保険

・建物の耐久性・構造について教えてもらえますか?
・お風呂を大きく改修できるのか教えてもらえますか?
・キッチンをカウンターキッチンに改造できるか教えてもらえますか?
・リビングを大きくするのに壁がとれるのか教えてもらえますか?
・リフォームにどのぐらいの費用がかかるのか教えてもらえますか?
・もし雨漏りなど何かあった時に、誰が保証してくれるか教えてくれますか?

リノベーション カウンターキッチン

さぁ、あなたの見つけた物件を紹介してくれる不動産担当者は、
上記のようなことについて相談に乗ってもらえるでしょうか?

中古住宅を買って、リフォームをする場合
できればこういう質問に回答してくれる人の方がよくないでしょうか?

ただ、物件を見に行ったあとで、
「いや~、あなた対応悪いから、別の人からかうわ~」といった
ところで、実はそれは通用しません。

不動産業界の常識を忘れてはいけません。
憶えておいてください。

連絡した仲介業者さんが、その物件購入の担当者として決まってしまうのです。

物件内覧で、万が一相談に乗ってもらえない担当者であれば
お客様自身で、物件の判断をしなければいけません。
プロでも難しい中古物件を、お客様の目で良し悪しを判断するのです。
あなたは、何を見て判断しますか?

ここに、中古住宅購入の難しさがあります。
どこの不動産会社にお願いすればいいのかのチェックポイントは?
どうやってその情報を入手するの?
などさまざまな疑問が出てきたと思います。

焦らないでください!
これから皆さまの中にふつふつとわきあがってきたであろう疑問を
このコラムでひとつひとつ紐解いていきますね。

さて、あなたは物件内覧で、何をみますか?201320

関連記事

  1. 緑に囲まれた家
  2. 二世帯リノベーション
  3. 受付

最近の記事

毎月セミナー開催中!

中古住宅の楽しい選び方セミナー

キャンペーンイベント情報

新着情報

PAGE TOP