中古リノベの基礎講座 12月9日(土)11:00〜 会場は 塩屋 旧グッゲンハイム邸


中古住宅を買ってリフォームしよう
~ 素敵な中古の家の楽しい選び方 ~

神戸・明石の、中古住宅を買ってリフォーム

不動産・建築のプロがワンストップでサポートします!

次回の出張セミナーは、12月9日(土)11時~12時30分(開場10:30) を予定しております。

 

中古住宅を買ってリノベーションって難しいと思っていませんか?

誰に頼んだらいいんだろう?

不動産屋さんでリノベーションの相談ってできるの?

やっぱり住宅ローンとリノベーションのローンは別になるのかな?

そんな疑問がスッキリしますよ!

 

それで、肝心の会場ですが……

垂水区塩屋 旧グッゲンハイム邸 2階東

のお部屋で行います。

http://www.nedogu.com/index.html

1909年に建てられた大変歴史のある建物です。

建造から100年以上の月日が経っている建物ですがとても趣のある綺麗な建物です。

建物だけでも一見する価値があると思います。

内装などのデザインでも参考になるところが、たっくさん見つかると思いますよ。
山陽電車「山陽塩屋」駅、JR「塩屋」駅から東へ徒歩 約5分(約500m)の位置にあります。

会場には駐車場がございませんので、公共の交通機関でのお越しをお願いします。

ご来場お待ちしております。

 お知り合い・お友達もお誘いの上、お気軽にご参加いただけたら嬉しいです
簡単な個別相談も受けていただけますので、お気軽にお声がけくださいね

 ご予約制となっておりますので、お早めのご予約御願い致します。

[お申込み方法] ※要予約

お電話(078-976-1580)・メールフォーム・E-mail(ie@kobe-renovation.jp)にて受け付けております。

E-mailでお申し込みのお客様は、参加者名・参加人数・電話番号・個別相談会への参加希望の有無・その他ご質問などをご記入の上、ie@kobe-renovation.jpへお送り下さい。

※申込み締切は、開催日前日の17時までとなります。

中古リノベの基礎講座!★11月24日(金)11時@明石公園


中古住宅を買ってリフォームしよう
~ 素敵な中古の家の楽しい選び方 ~

神戸・明石の、中古住宅を買ってリフォームを、

不動産・建築のプロがワンストップでサポートします!

次回の出張セミナーは、11月24日(金)11時~12時30分 を予定しております♪

毎回ご好評いただいています!おうちを買ってリノベーション勉強会!!

こ~んなお話をしています ↓ ↓ ↓
★バイヤーズエージェント制(買主様専属代理人)って?
★インスペクション(建物調査)の重要性!
★お金のこと(リフォーム一体型ローンの使い方)などなど。。。

難しそうですが、そんなこともなく、お茶をしながらのカジュアルな雰囲気の勉強会♪♪

お知り合い・お友達もお誘いの上、お気軽にご参加いただけたら嬉しいです♪
簡単な個別相談も受けていただけますので、お気軽にお声がけくださいね♪

[お申込み方法] ※要予約

お電話(078-976-1580)・メールフォーム・E-mail(ie@kobe-renovation.jp)にて受け付けております。

E-mailでお申し込みのお客様は、参加者名・参加人数・電話番号・個別相談会への参加希望の有無・その他ご質問などをご記入の上、ie@kobe-renovation.jpへお送り下さい。

※申込み締切は、開催日前日の17時までとなります。

新築と中古、マンション購入どっちがお得?


新築マンション
◆投資家の目線で考えましょう。
たとえばマンション。新築と中古、どっちがお得か、よく比較されますね。
価格の大小、設備機器のグレード、共用部の充実性など、いろんな点が比較されますが、
今回は、投資家の目線で考えてみてください。
マンションとは、不動産の大きな買い物であり、資産でもあります。
その資産の価値が割高なのか、割安なのかというのが投資家の目線です。
それを資産価値といいます。
それを判断するものさしは主に二つです。
ひとつは、購入価格よりもどれだけ下がるのか、また、上がるのか、
価値の変動という観点です。
もう一つは、その資産を所有することによって、どのぐらいの利回りが得られるかという観点。
何%の利益を年間生み出すことができるのか。
この二つの目線が主な投資家の目線といえます。
中古マンション
◆新築は利回りが低く、また、価格が大きく下がる可能性も。
たとえば、神戸市内新築マンション3500万円の3LDKの場合、
もし、それを貸したら、家賃はいくらかを考えてみてください。
10%の利回りをえるためには、約29万円で貸さなければなりません。
そんなマンション、なかなか聞いたことがないですよね。
神戸、明石では、せいぜい、家賃12万円~15万円が相場でしょうか。
つまり5%以下の表面利回りとなります。これでは、投資をする人はいません。
しかし、10年たっても購入時と同じ価格で売れるマンションであれば話が別です。
希少価値の高いエリアで建築されたマンションや
駅そばにも関わらず住環境が優れているマンションなどはそれにあたるかもしれません。
しかし、相場は、売却されることで初めてわかってきます。
それを調査の上、推測して購入の決断をする必要があります。
お得な新築マンションの購入は少しリスクが高く、比較的難しいといえますね。
マンション価格推移見込み例
◆中古マンションでは、資産価値が下がりくい物件が多くあります。
一方、同じエリア、築15年のマンションで2500万円の3LDKの場合を考えてみましょう。
家賃は9万~12万でしょうか。表面利回りは5%程度と新築とあまり変わりません。
つまり、利回りに関しては、新築も中古も変わらないように見えます。
しかし、10年後の売却価格はどうでしょう。売却の事例も多く、
対象マンションが、資産価値が下がりにくいマンションなのかがある程度分かります。
これにより、投資家が手を出しやすくなります。
近年、不動産業者が買取再販を行っているのは
こういったリスクの低さも背景にあるのではないでしょうか。
住宅という資産を購入する皆様、
その資産価値自体を見極めることが失敗しない住宅選びの一歩といえるかもしれません。

神戸市西区、垂水区、明石市などでの物件相場の相談
バイヤーズエージェントによる物件価値の査定、
だまされない良い中古住宅の見分け方など
ご質問等がありましたら御連絡ください。

中古住宅購入時に必要な建物調査(インスペクション)って?


◆購入経験者の65.5%が建物調査をしらない。

最近、「中古住宅を買って、リノベーションしよう」というフレーズを、様々なところで見かけます。低価格で、自分好みの家に住めるということに魅力を感じる世代が増えています。ただ、中古住宅購入時には、「買ったあとにもし雨漏りしたら・・・」「もしかして、床が傾いているのでは・・・」など、通常の物件内覧時には即座に判明できない不安がたくさんあります。そのため、価格が安いと思っても購入を決断するには、ハードルが高いのが現状です。その不安を解消するのが、「インスペクション」といわれる建物調査です。購入するかどうかの判断のため、建築士等専門家による事前検査を行い、床の傾きや、雨漏りの不安などを確認します。ただ、多くの方は、こういったサービスがあることも知りませんし、まだまだ一般に普及しているとはいえません。

◆国交省主導でインスペクションの整備が始まっています。

では、どういった点を調査すればよいのでしょうか。平成25年6月に、国土交通省にて「既存住宅インスペクション・ガイドライン」が発行されました。現在、民間事業者により実施されている「インスペクション」といわれるサービスには、中古住宅の売買時検査のみならず、新築入居時の検査やリフォーム実施時に行うものなど様々あります。それを大きく3つの段階に分け、その中で、中古住宅購入時に、不動産購入の取引に合わせて行うことができる建物検査というものをガイドラインが提示しています。その検査では、物件購入前に確認する程度ですので、壁を壊したり、はしごを使って屋根に上がることなどはしません。また、すべての検査は概略60分~120分ぐらいの間で終わることがほとんどです。

インスペクション・ガイドラインより

◆インスペクションは、その目的をはっきりさせることが重要です。

2時間の検査においても、建物のすべてを把握することは不可能です。インスペクションの費用を負担して、建物を検査しても、結果、その建物が100%問題ないと言い切ることはできません。自らの物件購入基準において、何をクリアすれば購入の決断ができるかをインスペクションの内容と照らし合わせて考えないと、無用な資料となってしまいます。壁が撤去できるかを検討するのであれば、撤去してもよい壁かどうかを「耐震診断」することが必要ですし、フラット35が使えるのかを検討するのであれば、適合技術者による検査が必要となります。自分の思い描くリフォームにどのぐらいの費用がかかるのかを知るには、リフォーム会社に相談しなければならないでしょうし、そのためにかかる時間を、不動産仲介会社に物件を押さえていただくようにお願いしなければなりません。まずは、「インスペクション」をお願いする際は、何のために行うのかをお考えいただき、ぜひ、建築士等プロの意見を活用のうえ、安心の中古住宅探しを行っていただければと思います。