3月の無料相談会


神戸リノベーションでは、定期的に個別相談会を開催いたしております。
家を買いたい方・売りたい方・貸したい方、リフォームでお悩みの方、どうぞお気軽にご相談ください。

■リフォーム・リノベーション無料相談会
【日時】
毎週土曜日(3月5日、12日、19日、26日) 10時~17時

※事前予約制です。前日17時までの受付となっております。

■女子リノベ相談会
【日時】
毎週火曜日(3月1日、8日、15日、22日、29日) 10時~17時

※事前予約制です。前日17時までの受付となっております。
※女性建築士による相談会です。男性の方もぜひお気軽にご相談ください♪

―――――――――――――――――――――――――――――――――
・先着順にて受付となりますのでご希望の方はお早めにお申込みください。
・上記以外でも、ご希望に応じて個別相談を受け付けております。ご希望の時間、曜日をお気軽にお問い合わせください。
★キッズコーナー有ります!お子様とご一緒にお越しください♪

【場所】
本社コベリノビル2F 神戸リノベーション ショールーム
⇒本社へのアクセスはこちらから

【参加費】
無料

[お申込み方法] ※要予約

お電話(078-976-1580)・メールフォーム・E-mail(ie@kobe-renovation.jp)にて受け付けております。

E-mailでお申し込みのお客様は、参加者名・参加人数・電話番号・個別相談会への参加希望の有無・その他ご質問などをご記入の上、ie@kobe-renovation.jpへお送り下さい。

※申込み締切は、開催日前日の17時までとなります。

たまに、ふと目につくアレの正体…


皆様こんにちは。
神戸リノベーション宮永です。

もうすぐで3月突入!ひな祭りももうすぐですね。
おめでたい行事ですが、昔…夜中の薄暗い部屋でひな人形を見て、寒気を覚えたのを思い出しますよ…。

たまに、マンションやビルの前を通ると見かける、定礎と書かれた石板。

定礎

こういうのです。
これって一体何だろうと、疑問に思ったことはないでしょうか。私はあります。

『定礎』とは?
定礎とは、建物の土台となる礎石を定めることです。(これだけではイマイチわかりませんね…)
本来、住宅などを建てる際には、土台の石が必要であったため、定礎式は工事にとりかかることでした。
しかし、現在ではビルなどに竣工年月日などを彫り込んだ定礎板を埋め込む式典などに変化しており、ある程度建設が進んでから式が行われることがあります。

定礎石の位置は基本的に、南東とされていたのですが今では方角は関係なく、正面玄関近くに設置するのが一般的になっています。

ちなみに…。定礎石の中には、鉛・銅・ステンレス製などの定礎箱が埋め込まれ、建物の図面、定礎式当日の新聞、出資者名簿など…後から開けて建築当時を偲べるようなものを入れるのだそうですよ。
いわゆるタイムカプセルですね。素敵です。

定礎箱は普段取り出すことは出来ず、中身見ることが出来るのは、建物を壊す時、壊れた時だけなのです。
定礎石を見かけると、少し感慨深い気持ちになりそうですね…。

【3月無料開催!】中古を買ってリノベーションセミナー


■間違いだらけの住宅選びの3つの常識
■中古住宅を買ってリノベーションしたら・・・・1000万円も得する訳
■リフォームローンのお得な組み方
・・・などなど
今、家をお探しの方が必ず知っておきたい情報満載のセミナーです。

・子供が大きくなるまで自由にのびのび生活できる住まいを探している
・料理教室や代が教室を開くことができる住まいを探している
・あこがれのカフェみたいな、オリジナルのキッチンやリビングをつくりたい

「中古を買ってリノベーションセミナー」では、今まで莫大な予算がなければたどり着くことができなかった、希望の住まいを手に入れることが出来る新しい方法をお伝えします。

[日 時]
■HDC神戸1階 トクラス神戸ショールームセミナー
3月26日(土)スタート:13時30分~
⇒HDC神戸へのアクセスはこちらから

■本社(神戸市西区)セミナー
3月10日(木)スタート:13時30分~
⇒本社(神戸市西区)へのアクセスはこちらから
〒651-2113 神戸市西区伊川谷町有瀬1456-3 コベリノビル2階

※セミナー終了後、ご希望のお客様には個別相談会を開催いたします。
事前予約優先となっておりますので、ご希望のお客様はお早目にご連絡をお願いいたします。

[お申込み方法] ※要予約

お電話(078-976-1580)・メールフォーム・E-mail(ie@kobe-renovation.jp)にて受け付けております。

E-mailでお申し込みのお客様は、参加者名・参加人数・電話番号・個別相談会への参加希望の有無・その他ご質問などをご記入の上、ie@kobe-renovation.jpへお送り下さい。

※申込み締切は、開催日前日の17時までとなります。

第4回モデルルーム一斉公開!in MATSUGAOKA♡


皆様こんにちは。
神戸リノベーション宮永です。

2月ももう終わりですね…。今年の2月といえば、うるう年です。
うるう年のある年は、夏季オリンピックが開催されます。新種目が楽しみですね♪

さて、以前よりご紹介しております、『明舞団地リノベーション企画』第4回モデルルーム一斉公開が来週に行われます!
今回で最後、最後の一斉公開となります…!まだご覧でない方は…いっ急げー!

★第4回 モデルルーム一斉公開日

公開日:2016年2月27日(土)
時間:午前10時~午後3時
場所:明舞松が丘住宅(松が丘ショップ上)
<神戸リノベーションは 401号室 >

明舞リノベーション

詳しくは『神戸リノベーション』特設ホームページをご覧ください♪
→http://kobe-renovation.jp/matsugaoka/

皆様のご来場心より、お待ち申し上げております!

古木材がオシャレなリビング♪新規リノベーション物件♡


皆様こんにちは。
神戸リノベーション宮永です。

ところで2/14は何の日か知っていますか?
なんと年に一度の一大イベント。ふんどしの日です。
愛する人にふんどしをプレゼントする日ですよ。なふ!

さて、こちらのオシャレなお部屋…なんだと思われますか?

垂水区北舞子リビング

実は、神戸リノベーションの新規リノベーション物件です!!
リノベーション完成したばかりの超おススメ物件ですよ♡
ではでは、おススメポイントのご紹介です。

★おススメポイント

・古木材パネルを使用したリビング
チーク古材のカラフルなモザイクパネルです。
ひとつひとつが異なる風合いで、凹凸がいろんな表情を見せてくれますよ。

モザイクパネル

・タイル張りの洗面カウンター
カジュアルで親しみやすいタイルです。
まあるい洗面ボウルが、とてもオシャレな仕上がりです。
鏡鏡の裏には収納もあります♪

洗面所

・古木のようなフロアタイル
ラスティックペイントを施し、素朴でどこか懐かしい風合いに。
長年使い込んだかのようなあたたかさを感じますね。

フロアタイル

さて、こちらの物件は神戸市垂水区北舞子にございます。

詳しくは神戸リノベーションの不動産サイト『不動産探し.com』へ!
物件ページはこちらです♪
弊社売主!仲介手数料不要!垂水 北舞子 980万

内覧のご希望、詳しい物件情報をご希望の方は…

神戸リノベーション
TEL:078-976-1580

まで、ぜひお問い合わせください♪

耐震基準適合証明書とはなんですか?


中古住宅購入時においてかかせない、
耐震基準適合証明書とはなんでしょうか?

あなたが中古住宅を購入された場合、
住み始めた翌年に、確定申告を行わなければ、
住宅ローン控除の恩恵をうけることができません。

たとえば、今年3月までの確定申告については、
昨年中に住宅ローンにて住宅を購入し、
入居を開始した人が対象となります。

確定申告をする際に、添付書類として必要となるのが、
耐震基準適合証明書です。

詳しくは、おうちのかしこい買い方セミナーで。

これは、建物が現行の耐震基準を満たしていることを証明する書類です。
発行は建築士事務所登録を行っている事務所に所属する建築士、
又は指定性能評価機関などが行えます。

住宅ローン控除の活用に関して、
中古住宅を購入時に注意いただくのは、主に3つのポイントです。
1)築年数の確認
2)売主さん名での耐震基準適合証明書の発行依頼
3)どういう調査にもとづくものなのか計算書の有無の確認

築20年以上の戸建てですか?

築20年以上の戸建を購入された場合、
もしくは築25年以上のマンションを購入された場合
この証明書がなければ住宅ローン控除の対象になりません。
古い建物は劣化がすすんでいるという判断のもと、
築年数だけの要件で、住宅ローン控除の対象からはずれてしまうのです。
築年数をどの時点で判断できるのか、
専門的な書類を確認することも必要ですので、
よく取引の不動産屋さんとご相談ください。

詳しくは、おうちのかしこい買い方セミナーで。

売主さんへの発行依頼

耐震基準適合証明書は、売り主さん名義で発行してもらいます。
これは、耐震性を有する建物を買いましたよ、
という証明が必要なので、買ってから調査してもダメです。
この点が、翌年の確定申告の時期にすでに時遅しと
なってしまうポイントです。
引渡までに必ず相談してください。
できれば契約前に要望している方が
話がスムーズにいくでしょう。

証明内容の計算書の確認を!

耐震基準適合証明書は2年間有効となっています。
どんな建築士が、どのように適合内容の確認したのかを
確認する必要があります。
金融機関や税務署は、そこまで書類を要求は通常しませんが、
購入しようという住宅が、本当に耐震性を満たしているのか、
それをどのように確認しているのか、
いま購入しようとしているお家の資産価値をはかるためにも、
根拠をもっておく必要がありますし、今後のリフォームの参考にもなります。
発行してもらう建築士によく説明してもらうことが安心につながるでしょう。

他にも、売っている建物が耐震性を満たしていなくても、
買った後、リフォームして耐震性をみたせば、
住宅ローン控除が利用できる場合もあります。

当社ではそういったことを知っていただければと思い、
「中古を買ってリノベーションセミナー」を開催し説明させていただいていますし、
個別相談も随時うけつけています。
http://mbp-kobe.com/kobe-renovation/seminar

耐震性を見分けながら中古住宅を探したい方は、
こちらのサイトでお探しできます。(神戸市、明石市近辺が中心)
http://kobe-fudosan.com/

また、女性建築士による無料相談会も随時開催しています。
http://www.kobe-renovation.jp/

ご都合のつく際にお立ち寄りください。

谷 弘一

【無料開催!】中古を買ってリノベーションセミナー


■間違いだらけの住宅選びの3つの常識
■中古住宅を買ってリノベーションしたら・・・・1000万円も得する訳
■リフォームローンのお得な組み方
・・・などなど
今、家をお探しの方が必ず知っておきたい情報満載のセミナーです。

160220セミナーチラシ

・子供が大きくなるまで自由にのびのび生活できる住まいを探している
・料理教室や代が教室を開くことができる住まいを探している
・あこがれのカフェみたいな、オリジナルのキッチンやリビングをつくりたい

「中古を買ってリノベーションセミナー」では、今まで莫大な予算がなければたどり着くことができなかった、希望の住まいを手に入れることが出来る新しい方法をお伝えします。

[日 時]
■本社(神戸市西区)セミナー
①2月20日(土) 13時30分~
②2月25日(木) 13時30分~

[場 所]
〒651-2113 神戸市西区伊川谷町有瀬1456-3 コベリノビル2階
⇒本社(神戸市西区)へのアクセスはこちらから

※セミナー終了後、ご希望のお客様には個別相談会を開催いたします。
事前予約優先となっておりますので、ご希望のお客様はお早目にご連絡をお願いいたします。

[お申込み方法] ※要予約

お電話(078-976-1580)・メールフォーム・E-mail(ie@kobe-renovation.jp)にて受け付けております。

E-mailでお申し込みのお客様は、参加者名・参加人数・電話番号・個別相談会への参加希望の有無・その他ご質問などをご記入の上、ie@kobe-renovation.jpへお送り下さい。

※申込み締切は、開催日前日の17時までとなります。

日本は地震の多い国


皆様こんにちは。
神戸リノベーション宮永です。

いよいよ2月突入ですね♪
先日は節分の日ということで、2016年の恵方、南南東を向いて恵方巻をまるかぶり!
無病息災を願いました。

ところで、今朝がた関東で最大震度4の地震がありました。
歌舞伎俳優市川海老蔵さんが、2日前に地震を予感・的中したことに驚きが隠せません。
エレベーターも自動停止したとのニュース、大きな被害がなければいいですが…。

さて、日本に住んでいれば起こり得る地震ですが、わが家は安全なのでしょうか?いざ気になるのが家の耐震性ですよね。
このような住宅にお住まいの方は、ぜひ一度専門家に診ていただくことをおススメいたします。

・1981年以前に建てられた建物
・軟弱な地盤に建っている建物
・1階に壁が少ない建物

などなどです…。
詳しくはこちらの神戸リノベーションブログへ!
あなたの家は安全ですか?

耐震補強工事をしていない、古い住宅にお住まいの方。
これから中古住宅を購入されされようと思われている方。
兵庫県には、耐震改修工事の補助制度があります。
あなたの家族や、大切な家財を守るためにも住まいの耐震化、ぜひご検討下さい。

神戸市垂水区にある空き家・・・どうしよう 東京在住の男性


神戸市垂水区の住宅が空き家になっている
東京在住の所有者の方からのご相談です。

□空き家の相談はこちらから。

もう10年も空き家になっているので、
管理して活用するか、売却するか、どうにかしたい。
そこで、まずは売却しようとおもって、いろいろ相談したら
次のような感じであった。

知り合いの税理士さんに聞くと、1000万円で
買う人いるよといわれました。
不動産屋さんに聞くと100万円で
買取ますよといわれました。
別の不動産屋さんには、500万円でうってみましょうか、
と言われました。

同じ物件で、100万円から1000万円って
あまりに差がありすぎてどういうことかわかりません。
どうすればいいのでしょうか?

というご相談でした。

□空き家の相談はこちらから。

そりゃそうですよね。

でも私は、すべて正しいこともありますよ、と
お答えしています。
しかし、すべては活用方法が違うので、
その根拠をしっかりと聞くと納得いかれるのではないですか?
とお答えしました。

おそらく1000万円の方は、解体して、
新築に建替て使う気であったのでしょうが、
いろいろ調べているうちに土地の条件などで建替えができないことが
わかり、やっぱりやめたということのようです。
100万円の方は、買取再販をおこなう事業者なので、
できるだけやすくかって、リフォームして売却したいようですね。
500万円の仲介は、とりあえず、売りに出してみて、
だめであれば、また考えましょう、といった感じでしょうか。

私は、まずは、査定の情報をしっかりと把握していただき、
いくらであれば、売却してもいいのか、金額を決める必要がありますよ、
そしてそれを決めるのは所有者のあなたなんですよ、
そのために相談にのってくれる不動産屋さんを探す必要がありますよ、
とお答えしています。

よく、安易にリフォームして賃貸にでも出そうかな~という方がいますが、
遠くにお住いであればとくにですが、わたしはあまりすすめません。
賃貸に出すということは、ひとつの商売、事業を行うということです。

高値で売れないから、住宅の賃貸業を始めるというのは、
かなり勇気がいるのではないでしょうか。
そういう場合は、空家対策を事業としている
不動産業者もいますので、そういったところにまかせた方がいいかと思います。

売るに売れなくてどうしたらいいのか、
そういったことでお悩みの方が多いようですね。

空き家問題の解決策は、いろんな知恵をあつめて、
一緒に考えていくしかないと思います。
是非、神戸は、空き家の少ないまちづくりをめざして
すすんでいってほしいとおもいますし、
できるお手伝いはさせていただこうとおもっていますので、
お気軽にご相談ください。

□空き家の相談はこちらから。

谷 弘一

古い空き家が売れない。本当にちゃんと売却を頼んでいますか?


「売ってくれって知り合いの不動産業者に頼んでいるんだけど、
なかなか売れないんだよね~」

ひょうご空き家の相談窓口でこの1年間相談員を担当しているなかで、
この言葉をよく聞きます。
この場合、ほとんどのケースがなんの媒介契約もせずにに売却を依頼している
ということのようです。

□空き家の相談はこちらから。

不動産物件を売却するときには、相場を把握し、
マンション、宅地、建物においてしっかりと査定をしてもらい、
ちゃんと媒介契約を締結して情報を一定の流通にのせてもらうよう
依頼しないことには、なかなか次の判断につながりません。

不動産売買において、一般の方が行う売却の方法は、
仲介をお願いする業者をみつけて、買い主を探してもらうように依頼することです。

依頼において、大きく2つの契約方法があります。

一般媒介契約か、専任の媒介契約か、どちらかです。
専属専任媒介契約というのもありますが、ちょっとややこしいので、
一応これも専任の媒介契約に含めて今回は話をすすめます。

□空き家の相談はこちらから。

一般媒介契約とは、
「もし買い主が見つかれば売却させてくださいね」という方法です。
だから、売り主さんも、数多くの会社と一般媒介契約を締結できます。

「多くの会社にお願いしているから、すぐに売れるだろう!」
とお考えかもしれません。
実は、そうとは限りません。
駅近のマンションやほっておいても売れる物件はこの方法でも
いいですし、売り主さんがたくさんの不動産業者の間で
うまく調整ができる知識をお持ちであれば一般でも結構です。

しかし、一般媒介契約だと、
不動産業者は、自分ではなく、他社が売却してしまった場合、
「なんの報酬も手に入らないから、あんまり力がはいらないな~」
となってしまいます。
ましてや、一般媒介契約すらしていないと、
ただの口約束なので、
「この依頼された物件の買い主を、絶対見つけなくっちゃ!」
というインセンティブがはたらきません。

不動産会社にお願いするという場合、
専任でお願いすることが重要です。
特に空き家や中古住宅の場合は、
すぐに売れないことも多いですし、
一戸建ての場合は値段の付け方も難しい、
また、物件についてもどんな建物であるのかお願いする不動産業者に知ってもらい、
より適切な説明のもと、売却してもらいます。

また、専任媒介契約すると、一定の期間で、
不動産業者が情報検索サイトとして活用する
レインズに登録することが義務付けられています。
これにより、すべての業者が、あなたの売却物件の情報を
知ることになりますので、多くの業者と契約する必要もありません。

そして、専任媒介契約の場合は、売主に一定の報告義務がありますので、
売却がどのような状況ですすめられているかを把握することができます。

媒介契約期間は3か月です。
もし、3か月で売れなければ、別の業者を探すか、
金額を相談しつつ、また、継続して売却するか、
古いお家であれば、解体して、土地だけでの売却にかえるか、
何かと次の選択をすることができます。

ひとつひとつきちっと売却を進めてみることが、
あなたの大切な資産をより有効に活用する
選択につながることだと思います。

□空き家の相談はこちらから。

神戸リノベーション不動産では、建物調査をして、
しっかりと資産価値を把握したうえで
売却をすすめることにしておりますので、
何かご質問がありましたらお問合せください。
http://kobe-fudosan.com/sell/