築40年の親の住まい、どうしましょう?


神戸市垂水区:増築と改修にて対応を検討します

今回のご夫婦のご相談は、築40年を超える古家にご両親がお住まいで、
今後、介護を含めて、両親と同居を考えているが、
一緒に住めるようにするにはどうしたらいいのか、というものでした。
まずは、そのお家を売って、新しいマンションでも購入したらという考え方があります。
しかし、80歳を超えるご両親は、古い家に住んでいるものの、
もうその土地が慣れておられ、別の場所に引越しするなんて発想はまったくありません。
別の地で生活するなんてことはいまさらできないということです。
では、建て替え? そうはいっても、解体・建築中の精神的負担や
一時的な引っ越し生活の不便さを考えればそれが得策かも疑問です。
良い新築に立替えたとしても、自分の子どもが将来住むかどうかもわからないので、
60歳に近づいた今、新築のローンを組むというのもどうかと思います。
では、今の建物は改修して、その他増築で同居用スペースを対応してはどうかと、なるわけですね。

不動産とリフォームは切ってもきれない関係

売却する方が得か、リフォームする方が得か。
建替えする方が得か、保有して賃貸する方が得か。
こういった考え方を皆様が頭で考えて、
売却するなら、不動産屋さん、
リフォームするならリフォーム屋さん、
建て替えするならハウスメーカーといろんな意見を聞きながら
自分で検討しなければなりません。
これはなかなか複雑な計算です。
不動産とリフォームは同じように検討するため、切ってもきれない関係です。
当社では、HDC神戸の3Fコンフォートガーデンにて、
不動産&リフォーム相談会を開催しています。
なぜ、不動産&リフォームなのか?
それは、このとおり、ご相談の皆様は、どっちに決まっておらず、
ほとんど、それが混ざった相談ばかりかと思います。
そういったご相談にお答えできればと思っているからです。
相談会開催中!

建築・設計・不動産の観点からお答えします

われわれは地域の総合建設会社として、
皆様の建築・不動産の資産づくりのお手伝いをしています。
われわれは、ご相談に来られた方に、
リフォームのための新しいキッチンを売るわけでもなく、
新築マンションを売るわけでもなく、
不動産の売却をすすめるわけでもありません。
皆様の立場にたって、何が皆様の今後の人生設計のうえで一番ベターな選択なのか、
その選択をするお手伝いができればとおもって相談会を行っています。
だから、不動産&リフォーム相談会としています。
自分としては、珍しい相談会で、地元の総合建設業者ならではものかなと思っているので、
住まいに関することで、ちょっと、どうしたらよいのか悩んでいる皆様、
是非、一度お立ち寄りください。

中古マンション+リフォームで70万円の補助金が使えます!


70万円の補助枠を確保しました。

神戸リノベーションでは、中古マンションを購入して、
リフォーム・リノベーションされる方に対して、
70万円の補助を提供できる枠を確保いたしました。
9月16日より、ご利用検討者の募集を開始いたしましたのでご報告いたします。
最近は、中古マンションを買って、リフォームされる方も増えています。
先日、西神中央に近い、西区の中古マンションを購入された方も、
キッチンなどの水回りリフォームで800万円ほどの予算がご検討されています。
マンションのフルリフォームをやろうとおもうと、結構費用もかさみますので、
返す必要のない70万円の補助を国交省がだしてくれるのは本当にありがたいと思います。

いまどきお風呂や給湯器の交換が対象となります。

中古マンションを購入されると、ほとんどの皆さまは、
キッチン、トイレ、お風呂をかえられます。
中には、部分的に複層ガラスを設置される方もいらっしゃいます。
そういった工事は、「長期優良住宅化リフォーム」といわれ、補助の対象となります。
補助金の額は、工事費用の1/3で最大70万円までです。
マンションリフォームの場合、
水回りをかえると200万円~300万円ぐらいかかることが多いので、
こういったリフォームをされる方にとっては非常にメリットが高いといえますし、
省エネ性能は、中古マンションの一番弱い部分ですので、
入居してからのガス代、電気代の節約部分を含めて考えると大きい支援ですよね。

予算枠が限られていますのでお早めにご相談を。

この補助を利用するために、当社も以前より申請を行い、
事業が認められることにより、補助枠の確保にいたりました。
よって、採択事業者でしかこの活用ができません。
国の予算であり、これは、既存住宅ストックの質の向上及び
流通促進に向けた市場形成を図る支援となっています。
対象のマンションがどういったものなのか、
インスペクションの結果がどうなのか、
リフォーム瑕疵保険に加入できるのか、など、
さまざまな検討事項がございますので、
お早めにご相談いただき、是非、この機会にご活用いただければと思います。

HDC神戸で不動産&リフォーム相談会を開催しました。


玄関まわりのリフォーム相談がおおいですね。

先日の不動産&リフォーム相談会では、
2件ほど玄関ドアの取り換えのご相談をいただきました。
そういえば、最近、LIXILのTVコマーシャルで、
篠原涼子さんが、両親に玄関扉リフォームをプレゼントするようなものが流れていましたね。
皆様、何気なく毎日使っている玄関扉ですが、
ちょっとそういったことがあるとやっぱり気になってくるのが、お家のリフォームです。
別に今すぐどうこうしなければならないわけではないけど、
どうやったら、綺麗になるのか知りたいということでしょうか。

神戸市垂水区のお客様:木製ドアは交換できますか?

築20年以上の建物にお住まいで、玄関ドアは木製とのことですね。
やはり経年劣化により、木製は痛みます。
玄関ドアに限らず、木製の建具や床においても、やはり手入れが必要となります。
そして、やはり、比較的、湿気には弱いので塗料などでのコーティングも必要でしょう。
趣きや格調といった意味では、木製は是非選択したいドアですね。
しかし、メンテナンスフリーという意味では金属製ドアが便利です。
デザインは、木調など多数ありますし、経年劣化による変形もすくない。
断熱性の面でも、防犯性の面でも、非常につかいやすいですね。
カバー工法という方法で一日でリフォームできますし、
非常に手軽に交換は可能です。

入口が幅が少し小さくなるのでご注意を。

1日でリフォームをするということは、
非常に手軽にするということ、つまり壊さないということです。
今ある、玄関ドアの枠を利用し、そのうえで新しい枠をかぶせるように取り付けます。
これをカバー工法といって、サッシなどの改修工事に多く利用される工法です。
そのため、状況にもよりますが、実際の扉のサイズが7cm程度せまくなる場合も多くあります。
せっかくの玄関の間口がせまくなるのはちょっと・・・というケースも多いですね。
費用は少しかかりますが、枠ごと取り換えをすることも可能です。
その場合は、できれば、今より大きめの玄関扉に取り換えられることをお奨めします。
玄関扉のサイズを変更することで、工事費はあまりかわりませんが、
大きく玄関まわりの雰囲気を変えることができますし、
いろんな種類の玄関ドアを選択もできるでしょう。

おうちの図面とかもってきていただければ
具体的な相談に乗れますので、お気軽にどんなことでもまたお立ち寄りくださいね。

築28年の中古住宅を相場より高く売る法則セミナー開催!


古い中古住宅をうまく売るコツについてセミナーを開催しました。


7月6日、マイベストプロ神戸の「暮らしお役立ちセミナー」の一部として、
兵庫既存住宅活性協議会からの派遣により
「購入者側から見る 築28年の中古住宅を相場より高く売る4つの法則」と題しまして、
今、築年数がたったお住まいの今後をお考えいただくセミナーを開催させていただきました。
このセミナーは、今回初めて開催させていただきましたが、
神戸新聞にも掲載いただいた結果、多数の方にご参加いただき、
明石市や垂水区で住み替えの検討をしようか迷っておられる方や、
高砂市にあるほったらかしの古い空き家の処理に困っている北区の方に、
お役立ていただく情報を提供することができました。

住宅を高く売るためのセミナーとは・・・

日本では、築20年を超える古い住宅の価値はほとんどゼロ円とみなされます。
そんな住宅を実際に売却するとなれば、
見た目も新築に比べ老朽化していることが明らかですし、
構造・雨漏りに不安を抱えているとなれば、
なお、購入者側にとっては不安がいっぱいで住宅購入の選択肢にはなかなかなりえません。
だから、なかなか中古住宅は売却しにくく、
宅建業者からも値段を下げないと売却できないと通常いわれてしまいます。
当セミナーでは、そこで、本当にその建物の状態がどうなのかをしっかりと調査し、
現在の新築と同じぐらい地震に強くするにはどうするのか、
しろあり被害はないか、購入者がその物件を購入するときに、
かし保険という構造・雨漏りの対する新築と同様の保険にはいるにはどうすればできるのか、
そういったことを皆様にご説明させていただきました。

不具合があとで見つかると値引き要因にされることもあります。

最近の売買事例においても、売りに出されている住戸を購入者により建物調査が行われた際、
不具合が見つかると、その修繕費を値引いてもらうような交渉が行われます。
そうなるとどうしても売りに出している方は値引きせざるを得ません。
そのためにも、まずは現状の状態をしっかり把握すること。
そして、建物をできるだけ、購入者側にとって、魅力ある状態で維持し続けることが、
リフォームするにしても、売却するにしても、相続するにしても重要なこととなります。
「こんな話きいたことがない」と言われることも多いこのセミナーですので、
またお時間がありましたら一度ご参加いただき、
特にいまお住まいを売却するつもりがない方も、
今後の住まい管理の参考にしていただければと思います。