古い空き家が売れない。本当にちゃんと売却を頼んでいますか?


「売ってくれって知り合いの不動産業者に頼んでいるんだけど、
なかなか売れないんだよね~」

ひょうご空き家の相談窓口でこの1年間相談員を担当しているなかで、
この言葉をよく聞きます。
この場合、ほとんどのケースがなんの媒介契約もせずにに売却を依頼している
ということのようです。

□空き家の相談はこちらから。

不動産物件を売却するときには、相場を把握し、
マンション、宅地、建物においてしっかりと査定をしてもらい、
ちゃんと媒介契約を締結して情報を一定の流通にのせてもらうよう
依頼しないことには、なかなか次の判断につながりません。

不動産売買において、一般の方が行う売却の方法は、
仲介をお願いする業者をみつけて、買い主を探してもらうように依頼することです。

依頼において、大きく2つの契約方法があります。

一般媒介契約か、専任の媒介契約か、どちらかです。
専属専任媒介契約というのもありますが、ちょっとややこしいので、
一応これも専任の媒介契約に含めて今回は話をすすめます。

□空き家の相談はこちらから。

一般媒介契約とは、
「もし買い主が見つかれば売却させてくださいね」という方法です。
だから、売り主さんも、数多くの会社と一般媒介契約を締結できます。

「多くの会社にお願いしているから、すぐに売れるだろう!」
とお考えかもしれません。
実は、そうとは限りません。
駅近のマンションやほっておいても売れる物件はこの方法でも
いいですし、売り主さんがたくさんの不動産業者の間で
うまく調整ができる知識をお持ちであれば一般でも結構です。

しかし、一般媒介契約だと、
不動産業者は、自分ではなく、他社が売却してしまった場合、
「なんの報酬も手に入らないから、あんまり力がはいらないな~」
となってしまいます。
ましてや、一般媒介契約すらしていないと、
ただの口約束なので、
「この依頼された物件の買い主を、絶対見つけなくっちゃ!」
というインセンティブがはたらきません。

不動産会社にお願いするという場合、
専任でお願いすることが重要です。
特に空き家や中古住宅の場合は、
すぐに売れないことも多いですし、
一戸建ての場合は値段の付け方も難しい、
また、物件についてもどんな建物であるのかお願いする不動産業者に知ってもらい、
より適切な説明のもと、売却してもらいます。

また、専任媒介契約すると、一定の期間で、
不動産業者が情報検索サイトとして活用する
レインズに登録することが義務付けられています。
これにより、すべての業者が、あなたの売却物件の情報を
知ることになりますので、多くの業者と契約する必要もありません。

そして、専任媒介契約の場合は、売主に一定の報告義務がありますので、
売却がどのような状況ですすめられているかを把握することができます。

媒介契約期間は3か月です。
もし、3か月で売れなければ、別の業者を探すか、
金額を相談しつつ、また、継続して売却するか、
古いお家であれば、解体して、土地だけでの売却にかえるか、
何かと次の選択をすることができます。

ひとつひとつきちっと売却を進めてみることが、
あなたの大切な資産をより有効に活用する
選択につながることだと思います。

□空き家の相談はこちらから。

神戸リノベーション不動産では、建物調査をして、
しっかりと資産価値を把握したうえで
売却をすすめることにしておりますので、
何かご質問がありましたらお問合せください。
http://kobe-fudosan.com/sell/