50代の方必見!中古リフォームは、無理のない住宅購入手段の一つです。


中古+リフォームは、無理のない住宅ローンを組んで
住宅を購入したい方の強い味方です。

とくに40代後半から50代の方が住宅を購入するときに、
非常にメリットが高いといえます。

中古を買ってリノベーションという場合、
どうしてもデザイン住宅やおしゃれにリフォームした
賃貸マンションなんかをイメージされる方が多いですし、
そういったリノベ団地といった情報がまん延していますね。

実際には、中古住宅の購入においては、
不動産価値のメリットを考えることが必須です。
そうすると中古戸建てをかって少しリフォームする、
そして、無理のないローンで、将来の売却にそなえる。
そんな住宅購入を望む方がふえています。

子どもも中学生や高校生と大きくなり、
社宅など住むのも限界がきている。
しかし、これから、新築住宅をかって、
家族4人~5人で子育ての4LDKの家が
必要かといえば、そんなでもない。

どちらかというと、将来の夫婦二人での生活と
子どもが巣立ったあとでの生活をイメージしながら
住宅を購入したい、そういった想いの方も
たくさんいらっしゃいます。

そんなときに、住宅ローンが35年も組むとなると、
なんとなく、え!85歳まで働かないよ~っと
いうことになりますよね。

中古マンションにしても、中古戸建てにしても、
リフォーム代はかかりますが、中古購入の値段は
低く抑えられている上に、それを再販するときも
大きな値下がりがないことが多いので
リスクが少なく購入が可能です。

このように、新しい住宅サイクルを考えた
不動産の買い方をご紹介できればと思い、
「中古を買ってリノベーションセミナー」を開催させていただいています
http://mbp-kobe.com/kobe-renovation/seminar/

また、女性建築士による無料相談会も随時開催しています。
http://www.kobe-renovation.jp/

ご都合のつく際にお立ち寄りください。

谷 弘一