しつこい不動産屋さんからの電話撃退法はこれ!


中古住宅を探すとき、
しつこい不動産屋さんからのひとつの電話撃退法は、

「私には、いつも使っている専属の不動産屋さんがいるから
その人と話してもらえますか!!」

そういってもらえば、
たいていの不動産屋さんはあきらめます。

なぜなら、その不動産屋さんは、買い手を探す不動産屋さんだからです。
中古物件を購入する顧客であるあなたに、
物件を紹介しつづけて、紹介物件を買ってもらうことが商売につながります。
その間に、別の不動産屋さんがはいってしまうと
あなたから手数料をもらえなくなります。
だから紹介する意味がなくなってしまうんですね。

もしや、せっかくの貴重な物件を紹介してもらえなくなるのでは??
と心配されますか?

実はその不動産屋さんは貴重な物件をもっていないことが多いといえます。
売り手から売却を依頼される不動産屋さんは
そんな動きをしません。
買い手を探す不動産屋さんに、物件を紹介して、
買い手をみつけてもらいます。その方が楽に商売できますよね。
そして、その物件は、レインズという不動産の業界サイトに掲載されますので、
だれでも取り扱うことができます。

つまり、買い手としてお付き合いする不動産屋さんは、
多くはいらないということです。窓口がひとつ、ふたつあれば大丈夫です。
それをよく知っている人は、信頼ある不動産屋さんに家探しを頼みます。

中古住宅購入は、新築と違い、
いろんな不動産屋さんにいって、どんな物件があるか、
探しまわる・・・・という方法で探すものではないということですね。

ほんとうに迷惑な電話がかかってくるのは
新築住宅の売り込み、新築マンションの売り込みですね。
基本的に、本当に良い新築物件は、ほっていても売れます。
そして情報はどこにでもあり、いつでも買いにいけます。
つまり、名前や電話番号を登録しておく意味があまりないということです。

「私には、いつも使っている専属の不動産屋さんがいるから
その人と話してもらえますか!!」
新築の場合でもこのようにいえばちょっとは引くかもしれません。

素人相手には、売り込みをかけますが、
プロ相手には、なかなか難しいものです。

どちらにしても不動産の検討をされる場合は、
あなたにとって信頼できる代理人となるプロを味方につけて
交渉をすすめることが必要ではないでしょうか。

このように、不動産業界をふまえたうえでの
ストレスの少ない住宅購入法をご紹介できればと思い、
「中古を買ってリノベーションセミナー」を開催させていただいています
セミナー申し込み

また、女性建築士による無料相談会も随時開催しています。
http://www.kobe-renovation.jp/

ご都合のつく際にお立ち寄りください。

谷 弘一