築40年の親の住まい、どうしましょう?


神戸市垂水区:増築と改修にて対応を検討します

今回のご夫婦のご相談は、築40年を超える古家にご両親がお住まいで、
今後、介護を含めて、両親と同居を考えているが、
一緒に住めるようにするにはどうしたらいいのか、というものでした。
まずは、そのお家を売って、新しいマンションでも購入したらという考え方があります。
しかし、80歳を超えるご両親は、古い家に住んでいるものの、
もうその土地が慣れておられ、別の場所に引越しするなんて発想はまったくありません。
別の地で生活するなんてことはいまさらできないということです。
では、建て替え? そうはいっても、解体・建築中の精神的負担や
一時的な引っ越し生活の不便さを考えればそれが得策かも疑問です。
良い新築に立替えたとしても、自分の子どもが将来住むかどうかもわからないので、
60歳に近づいた今、新築のローンを組むというのもどうかと思います。
では、今の建物は改修して、その他増築で同居用スペースを対応してはどうかと、なるわけですね。

不動産とリフォームは切ってもきれない関係

売却する方が得か、リフォームする方が得か。
建替えする方が得か、保有して賃貸する方が得か。
こういった考え方を皆様が頭で考えて、
売却するなら、不動産屋さん、
リフォームするならリフォーム屋さん、
建て替えするならハウスメーカーといろんな意見を聞きながら
自分で検討しなければなりません。
これはなかなか複雑な計算です。
不動産とリフォームは同じように検討するため、切ってもきれない関係です。
当社では、HDC神戸の3Fコンフォートガーデンにて、
不動産&リフォーム相談会を開催しています。
なぜ、不動産&リフォームなのか?
それは、このとおり、ご相談の皆様は、どっちに決まっておらず、
ほとんど、それが混ざった相談ばかりかと思います。
そういったご相談にお答えできればと思っているからです。
相談会開催中!

建築・設計・不動産の観点からお答えします

われわれは地域の総合建設会社として、
皆様の建築・不動産の資産づくりのお手伝いをしています。
われわれは、ご相談に来られた方に、
リフォームのための新しいキッチンを売るわけでもなく、
新築マンションを売るわけでもなく、
不動産の売却をすすめるわけでもありません。
皆様の立場にたって、何が皆様の今後の人生設計のうえで一番ベターな選択なのか、
その選択をするお手伝いができればとおもって相談会を行っています。
だから、不動産&リフォーム相談会としています。
自分としては、珍しい相談会で、地元の総合建設業者ならではものかなと思っているので、
住まいに関することで、ちょっと、どうしたらよいのか悩んでいる皆様、
是非、一度お立ち寄りください。