中古住宅を早く高く売るコツはあるの?



◆査定金額の高い不動産会社を探さないで。
中古住宅を売却する際、できるだけ、高い金額で、早く売りたいものです。
その際に頼りにするのは不動産会社ですが、何を基準に選びますか?
ここで注意してほしいのは、「査定金額の高い会社」と「高く売ってくれる不動産会社」は
同じではないということです。
高い査定金額の会社は、高く売りたい所有者の気持ちをくんだ仲介会社が、
媒介契約を得ることを目的としている場合もあります。
高く売るには、買う側の気持ちを考える必要があります。商売と同じです。
現地見学に来られるとき、かなり多くの物件の中から選択をされてきています。
そんなお客様に、ぱっと見ていただいたとき、
購入を決断いただけるようにするにはどうすればよいかという観点が必要となります。

◆お金をかけずにきれいにみせる!
買う側の気持ちを考えると、中古とはいえ、新しく住みはじめる家です。
できるだけ、新築のようにきれいなのが良いですよね。
しかし、長らく空き家にしてあったり、今、お住まいされていたりすると、
なかなかそんな風にはいきません。
売却をはじめると、すぐに見学者があなたの家を見に来ます。
さぁ、うけいれる側の体制はとれていますか。
購入者側の立場にたってみると、たとえ中古とはいえ、第一印象が本当に大切です。
住宅って、結構最後は、フィーリングで選んだりしませんか。
もちろん、屋根や外壁をリフォームしてから売り出せば、
印象が良くなって売却はスムーズに進みますが、
わざわざ売却する住宅をリフォームする気にはなりませんよね。
そんなかでもお金をかけなくても出来ることはたくさんあります。

◆できるだけの情報を提供する。
まず、家を外から眺めたときに、こぎれいな雰囲気になっていること。
庭にゴミや、空の植木鉢、雑草など不要で汚い荷物などが置いてあったら、
早めに処分しましょう。植栽もきちんと手入れして、雑草などは抜いておきます。
次に、部屋に入った時の印象です。
室内は、照明があるのとないのとどちらがよいかといえば、明るい方がよいイメージですし、
空気の入れ替えなどは必ずやってほしいことです。
そのためには、見学者がこられる前には、窓を開けておくことが良いですね。
その他、買い物はどこが安くて便利とか、近隣との人間関係、地域の決まりごとなど、
物件を見ただけではわからない、売主であるあなただけが持つソフト的な情報を教えてあげられれば、
見学者に喜ばれます。
不動産屋さんにお願いしているからといって、なんでも説明してくれるとは限りません。
来客者をつれてきた不動産担当者が、「あれ、もっといろいろ説明してよ~」と思うこともしばしばです。
その一環として、建物の詳しい情報があれば、買う側にとっても安心といえます。
それはまた次回に。