フラット35を使って、中古住宅を購入したい!


◆中古住宅にフラット35は使えます。

中古住宅を購入するとき、フラット35を使いたい、
そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。
35年固定金利という安心感は大きいものがあります。
現在、金利は低金利時代、
1.5%程度の固定金利で35年間が可能であれば大きな選択肢の一つとなります。
たとえば、3000万円を35年の期間で住宅ローンをフラット35で借りた場合、
金利1.5%とすると、毎月の返済は、91,855円、総支払利息は、850万円程度となります。
民間金融機関で変動金利0.9%で借りると総支払利息が490万円なのに対し、
360万円程度大きな負担となります。しかし、10年後、変動金利が2%となったと仮定し、
その後25年間2%で継続したとして、総支払金利は、842万円でほぼ同じです。
それより、金利が高くなる可能性はないとは言えないですね。

◆元金均等返済やリスク分散も選択肢です。

皆様が考えるのは、将来金利が上昇したらどうすればいいのかです。
それを先に読むことはできません。
つねつね、低金利がいつまで続くかはわからないといわれています。
そんななかで、民間金融機関の元利均等返済だけでなく、
フラット35でつかえる元金均等返済の利用や、
全体の借入の中で、固定金利の部分と、変動金利の部分にわけることにより、
リスクを分散するということも考えてもよいかもしれません。
万が一、金利が上がれば借り換えればよいといって、
手っ取りばやい、民間金融機関による変動金利を不動産屋さんにすすめられるかもしれませんが、
まずは、選択肢が多い方がいいですね。

◆まずは、検討物件の建物を調査してください。

よって、中古住宅購入の際には、フラット35が使えるかどうかの情報は、
将来の金利変動への対策として、大きなポイントとなります。
中古住宅においては、物件資料に当初、
フラット35が利用できるか、否かが、書かれていないことも数多くあります。
物件売却の場合は、フラット35が使えるかどうかを明確にして売ることが、
購入者の選択肢を広げる有利なポイントとなるし、
もちろん、物件購入検討時にも、住宅ローン選択の大きなポイントとなります。
そのためには、フラット35の適合証明の発行が必要となり、
建築士による建物調査が必要ですので、
早めの相談を取扱いの不動産屋さんにご確認のうえ検討を進めてください。
もし、中古住宅において、フラット35が使えるのかわからないということであれば、
兵庫既存住宅活性協議会のフェニーチェパックを利用しただきましたら便利です。
かし保険の検査とあわせて、フラット35が使えるのか、必要であればしろありも調査いたします。
是非、兵庫県内のフェニーチェパック取扱店にお問い合わせください。