神戸市の高齢者の皆様!補助金を使って安全なお家にリフォームを。



◆おうちの中は、危険がいっぱいです。

厚生労働省による不慮の死亡事故の種類別調査によると、
年間約4万人の死亡事故のうち、交通事故死は約7000人で年々減少傾向です。
一方、1万5000人近くの方が、家庭内の不慮の事故で亡くなられています。
家庭内の事故の多くは、浴槽内での溺死や、スリップ、つまづきによる転倒です。
そんな日常の中でこんな多くの方が命を落とされているのですね。
不慮の事故死・厚生労働省HPより
しかも、神戸市の資料によれば、家庭内事故死の約8割が65歳以上の高齢者だそうです。
街の施設や、道路など、バリアフリー化が進んでいるものの、
一番事故の発生が多い、皆様のお家の中を安全にしたいものです。
いつも不便になれているので、まったく危険に気づかないことが多いようですが、
バリアフリーリフォームは、いままで感じなかった家庭内での危険を気づかせてくれます。
バリアフリー住宅
◆手すり一つで大違いです。

バリアフリー工事といっても内容は様々です。
段差解消と手すりの取り付けがもっとも一般的ですが、
最近は温度変化におけるバリアフリーとして、断熱リフォームも重要です。
古いお家に建物調査にお伺いすると、
洗面所、浴室に手すりのない建物が結構あることに驚きます。
最近の住宅のお風呂などは、必ず段差が解消されていたり、
手すりが設置されていたりするのですが、それはあまり利用されない若い方のお家が中心です。
本当は、長くお使いされている高齢者の方がお住まいのお家につくべきものですよね。
工事例
◆神戸市では、工事費の1/3である上限6万円の補助があります。

リフォームという大そうなものでもなく、
ちょっとした工夫でいままでの苦労が解消され思いの他快適な生活になるものです。

神戸市では、65歳以上の方の世帯のおうちで、
浴室・洗面所の手すり取付や浴室出入り口の段差解消、
便所・玄関の段差解消や手すり取付、
廊下・階段の手すり取付や階段部への滑り止め取付など
が補助金の対象となりますので費用面の負担も軽減できるチャンスです。

建物調査をしていると、「我慢」を美徳とされている高齢者の方を多く見かけます。
ちょっとした苦労をいとわず、ご家族やお孫さんのために
無駄なお金を使わず倹約をされています。
ましてや、暑さ、寒さも「我慢」の範囲として対応されています。

これがこれまで経済発展を進めてきた高齢者の方々の精神力かと
われわれも頭が下がる思いですが、
おうちの中に関しては、少し「我慢」を忘れていただいて、
「安心・安全」のためにバリアフリーリフォームを検討されてはと思います。

その他、簡易な工事の相談、断熱リフォーム
耐震リフォームの相談、耐震診断の相談など
ご質問等がありましたら御連絡ください。