中古住宅は断熱リフォームをして住むべし。


あったか和室

◆古い住宅ほど断熱性が低いのは確実です。

中古住宅を購入する際、注意しておくのが、断熱性です。
CO2排出量削減を呼び声に、さまざまなところで、省エネという文字を見かけますが、
中古住宅選びにもそういう目線をなくしてはいけません。

建物を建築において、省エネ基準は、年々厳しくなってきており、
昨年の平成25年にも大きな省エネルギー基準の改正が行われています。

たとえば、昔の家のサッシは、今のサッシとくらべて気密性がおとります。
昔の家は、窓をしめていても、スース―風がはいるような気がしませでしたか。
また、廊下が寒かったり、トイレが寒かったりしませんでしたか。
中古住宅は年代によって断熱性は大きく違いがあることを知っていてください。

住まいの熱の出入り

◆建物の熱は、約50%は窓から逃げる。

断熱性、省エネと一概にいっても、いろんな“ものさし”があります。

もちろん、太陽光発電や、オール電化、省エネエアコン、高性能給湯器など、
住宅設備において、エネルギー消費量を抑えて快適な住まいを得る方法があります。

ただ、中古住宅で注意すべきは、もともと、その建物がもっている断熱性、気密性が、
どのレベルなのかということです。

床下に断熱材がなければ、床下からの断熱材の敷設を検討し、
床が冷たくなるのを改善できます。
2階がどうも暑くなりやすい住宅は、天井の断熱材が不足している場合もあります。
「気流止め」といった施工も効果を発揮する場合もあります。

なによりも、窓を改善することは、重要です。熱の大半は窓から逃げるともいわれています。

すべての部位について断熱性をあげることが、経済的なのかは別として、
中古住宅購入前には、どういった断熱リフォームをするのかを検討をしておきたいものです。

◆断熱リフォームで、住まわれる人の健康も改善できます。

断熱リフォームをすることで、省エネ効果も期待できますが、
住まわれる方の健康にも効果が期待できます。

なんと、厚生労働省調べの人口動態統計によると、
家庭内における主な不慮の事故による死亡者は、交通事故死者を上回り、
中でも、「心疾患」と「脳血管疾患」は、原因の第2位と第3位を占めています。

特に入浴中の脳卒中など、寒さと突然死については、
相関関係が見られるので、住宅内ではヒートショック(急激な温度変化)を起こさない
断熱リフォームは有効な対策になります。

また、夏の防暑対策として、断熱材で屋根や天井の断熱リフォームを行うことは、
夏の日射の影響による室内の温度上昇を緩和することができ、
熱中症の予防につながります。

壁、水回りなどリフォームするときは、比較的安価で断熱リフォームが可能です。
好きなリフォームと同時に健康な住まいを。
こういったことも、住まい選びで考えていきたいですね。